平成28年10月より短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大が始まります。

 

平成28年10月より短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大が始まります。

 

今年の10月から、厚生年金保険などの被保険者数が501人以上の会社様
は、パート社員、アルバイト社員(学生を除く)の方など短時間労働者が
週給、日給、時間給を月給に換算した額+各諸手当≧8.8千円
になると、厚生年金保険などの適用対象となり保険料を支払わなければなり
ません。
被保険者数が500人以下の民間企業は「労使合意に基づき適用拡大を可
能にする」とされていますが、今後には義務化の方向に進むかもしれません。
パート社員の方々に「扶養の範囲内で働きたい」または「正社員(限定正社
員)に転換する」か働き方の希望を調査し、「扶養の範囲内で働きたい」とい
う方が多ければ、パート社員の更なる確保が必要となりそうです。

コメントを残す