マタハラ防止措置の準備はお済みですか?

来年の1月1日から職場における妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント、いわゆるマタニティハラスメント防止対策を立てることが義務づけられます。
経営者の方は
・妊娠・出産した女性従業員の方
・育児休業、介護休業制度を利用する従業員の方
からの相談に応じ、適切に対応するため必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な対策を立てなければなりません。
そしてマタニティハラスメントを行った者に対して
・厳正に対処する旨の処分・対処の内容(懲戒処分など)を就業規則などに規定
・上記規定を管理・監督者を含む労働者に周知・啓発
を行わなければなりません。
弊所でも、就業規則の改定、マタハラ防止措置に関する教育研修などサポートを行っています。
相談料:初回のみ無料。
2回目以降、30分 5、000円
お気軽に、下記までお問い合わせください。

電話 0856ー52-2090    (月~金曜日 受付時間9:00~14:00)

FAX 0856ー52-2090   (24時間受付)

メール  innfo@ikeguchi-sr.com(24時間受付)

コメントは停止中です。