再雇用継続の従業員の方の賃金設定、見直しませんか?

厚生年金は、生年月日により支給開始年齢にならないともらえません。
これから60歳を迎える人は無年金期間が生じています。
「60歳で定年退職後、賃金カットで再雇用→65歳まで雇用」という会社様が、今でも多いと思います。
この再雇用後の賃金ですが、60歳で年金を受け取れると仮定し、賃金を低く設定した当初から、見直しをしていない会社様が多いのではないでしょうか?
しかし今後厚生年金の支給開始年齢が、生年月日により引き上げられ
○男性は平成33年度
○女性は平成38年度
から65歳になるため、無年金期間の手取りの収入が低くなります。
賃金+高年齢雇用継続給付金+特別支給の老齢厚生年金=収入
の見直しを年金の専門家である社会保険労務士がサポートします。
お気軽にお問い合わせください。
相談:初回のみ無料

いけぐち社労士事務所

代表 池口由里絵(いけぐちゆりえ)

☆電話/FAX 0856-52-2090(月~金 9:00~14:00)

☆問い合わせ:info@ikeguchi-sr.com(24時間受付 48時間以内返信)

☆公式ブログ:http://ameblo.jp/ikeguchisr/

☆メルマガの登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001668982.html

コメントは停止中です。