月別アーカイブ: 5月 2017

個人情報保護法がすべての事業者に

平成29年5月30日から、個人情報を取り扱うすべての事業者に個人情報保護法が適用されるようになりました。

個人情報とは

「生存する個人に関する情報で特定の個人を識別できるもの」

です。

例えば、お客様の氏名と住所または電話番号をPC管理ソフトで管理していたり、名簿代わりのノートに記入している・・という場合でも、個人情報を取り扱う事業者となります。

またアルバイトやパート、正社員など人を雇う時、氏名や住所、電話番号などを教えてもらっていると思いますが、これも個人情報となります。

今日までは、取り扱う個人情報が5,000以下である事業者は、対象外とされていました。

明日5月30日からは、取り扱う個人情報が5,000以下である事業者も、対象となります。

個人情報を取り扱う時は

1 個人情報を取得する時、何に使うか目的を決めて本人に伝える

2 取得した個人情報は決めた目的以外に使わない

3 取得した個人情報は安全に管理する

4 個人情報を他人に渡す時は、口頭または書面の確認欄へのチェックなどで本人の同意を得る

5 本人からの「個人情報の開示請求」には応じる

の5つの基本ルールを守らなければなりません。

従業員の方への研修がまだお済みでない事業所様は、お早めに。

弊所では、下記のご相談をお受けしています。

○個人情報保護法が中小企業にも適用されるようになったが、うちの会社は何をする必要がある?

〇労使トラブルのことを相談したい

〇長時間労働を削減するには、どうすればいい?

〇労働基準法などの法改正で、わが社は何をする必要があるか?教えて欲しい

〇平成30年4月から始まる無期転換ルールに対して、わが社は何をする必要があるか?教えて欲しい

〇これってパワハラ?マタハラ?会社としての対応方法を相談したい

〇産休、育児、介護休業の申し出があった時の対応方法を相談したい

〇無断欠勤を繰り返す社員への対応方法を知りたい

〇60歳で定年退職する社員を再雇用する場合の賃金はどうすればいい?

〇従業員に関する愚痴を聞いてほしい

〇労働基準監督署に問い合わせるほどではないが、ちょっと相談したい

訪問、メール、FAX、Skypeなど、ご希望の方法にて、ご相談をお受けいたします。

(訪問は、土・日・祝日など弊所休日を除く)

★ メールやFAXの場合、時間を気にせず、深夜でも質問を送信できます。

★ メールやFAXによる質問やお問い合わせは24時間受付。

48時間以内(土、日、祝日など弊所休日除く)に返信。

★ Skypeによる相談は、夜10時まで

(料金)

★ 訪問  30分 5,000円(税別)

* 遠方の場合、交通費を請求する場合がございます。

★ Skype 30分    5,000円(税別)

★ メール、FAX 2往復 5,000円(税別)

(お申込み方法)

お申し込みは、下記の電話、FAX、メール、お申込フォームよりお気軽にどうぞ。

訪問、Skypeによる相談をご希望の方で、FAX、メール、お申込フォームより申し込みをされる場合、ご希望の日時を第3希望まで候補を挙げてください。

電話/FAX     0856-52-2090

メール      info@ikeguchi-sr.com

お申込みフォーム https://ws.formzu.net/fgen/S35490508/   cropped-.jpg

 

 

介護事業所様向けセミナーのお知らせ

介護職員の採用・定着に必要な労働法基礎講座

~これだけは知っておきたい人を雇う時のルール

 

講師: 社会保険労務士 池口 由里絵

 

日にち 平成29年6月20日(火)

 

時間  午前10:00~12:30

場所  いわみーる403研修室

 

対象  一般職員・管理職

 

受講料 無料

 

定員   20名(先着順)

 

お問い合わせ先

(公財)介護労働安定センター島根支部

 

TEL  0852-25-8302

FAX  0852-25-8303

「面接で聞いてはいけない質問事例と好事例集」

 

「引継ぎ、待機時間、研修時間、訪問介護の居宅間移動時間の労働時間問題」

 など、ブログでは伝えきれないことを直接お話したいと思っております。

 cropped-.jpg

理由がなくても有給は取れる?

皆様の会社では

「私用で有給休暇は認めない」

と理由によって、有給休暇の申請書を突き返していらっしゃいませんか?

結論から言うと「理由によって有給休暇を取らせない」というのはNGです。

(林野庁白石営林署事件最高裁昭和48年3月より)

ただし従業員の方が有給休暇を希望する日が、繁忙期であったり、GWなど長期休暇の前後の日に、有給申請者が多い場合

「〇日は忙しい(有給希望者が多い)から、△日に変えてもらえないだろうか?」

と取得日の変更をお願いすることはできます。

有給休暇の申請書に理由の記載欄があっても、理由を書く・書かないは

任意で強制はできません。

有給休暇の申請理由をしつこく聞くのもNGですし、有給休暇が取りづらくなり、定着率が悪くなります。

定着率向上のためにも、管理職の方に必要最低限の労働基準法の研修が必要ですね。

 

★社会保険労務士に相談してみませんか?

〇無断欠勤を繰り返す社員への対応方法を知りたい

〇60歳で定年退職する社員を再雇用する場合の賃金はどうすればいい?

〇従業員に関する愚痴を聞いてほしい

〇労働基準監督署に問い合わせるほどではないが、ちょっと相談したい

訪問、メール、FAX、Skypeなど、ご希望の方法にて、ご相談をお受けいたします。

(訪問は、土・日・祝日など弊所休日を除く)

★ メールやFAXの場合、時間を気にせず、深夜でも質問を送信できます。

★ メールやFAXによる質問やお問い合わせは24時間受付。

48時間以内(土、日、祝日など弊所休日除く)に返信。

★ Skypeによる相談は、夜10時まで

(料金)

★ 訪問  30分 5,000円(税別)

* 遠方の場合、交通費を請求する場合がございます。

★ Skype 30分    5,000円(税別)

★ メール、FAX 2往復 5,000円(税別)

 

(お申込み方法)

お申し込みは、下記の電話、FAX、メール、お申込フォームよりお気軽にどうぞ。

訪問、Skypeによる相談をご希望の方で、FAX、メール、お申込フォームより申し込みをされる場合、ご希望の日時を第3希望まで候補を挙げてください。

電話/FAX     0856-52-2090

メール      info@ikeguchi-sr.com

お申込みフォーム https://ws.formzu.net/fgen/S35490508/

cropped-.jpg

労働基準法違反で書類送検、全企業名公開へ

2017年5月10日厚生労働省ホームページで、「労働基準関係法令違反に係る公表事案」が発表されました。

これは昨年末、厚生労働省ホームページで発表された「過労死等ゼロ」緊急対策(P.4~5)の「違法な長時間労働を許さない取組の強化」の一つです。

今回、公表された内容を見ると

〇(株)電通(H28.12.28送検)

(違反法条)労働基準法第32条

(事案概要)

労働者2名に、36協定の延長時間を超 える違法な時間外労働を行わせたもの

〇富士見高原リゾート(株)(H29.3.30送検)

(違反法条)労働基準法第37条

(事案概要)

労働者に対し、1か月間の深夜労働に対する割増賃金を支払わなかったもの

〇森永乳業(株)神戸工場(H29.3.24送検)

(違反法条)労働安全衛生法第20条 労働安全衛生規則第107条

(事案概要)

機械の不具合を解消(調整)する作業 を、その機械にはさまれるおそれがあるのに、機械を停止せず行わせたもの

と労働基準法だけでなく、最低賃金法、労働安全衛生法などの違反により書類送検されたすべての企業名、事業所所在地、違反内容、送検日などが掲載されています。

今後、書類送検された企業はすべて、厚生労働省と労働局のホームページに上記の内容が1年間掲載されるということです。

(1年以内に違反が改善されたと認められた場合は削除)

みなさまの事業所でも違反がないか、今回公表された違反内容をご確認ください。

 

弊所では、下記のご相談をお受けしています。

〇労使トラブルのことを相談したい

長時間労働を削減するには、どうすればいい?

〇労働基準法などの法改正で、わが社は何をする必要があるか?教えて欲しい

〇平成30年4月から始まる無期転換ルールに対して、わが社は何をする必要があるか?教えて欲しい

〇これってパワハラ?マタハラ?会社としての対応方法を相談したい

〇産休、育児、介護休業の申し出があった時の対応方法を相談したい

〇無断欠勤を繰り返す社員への対応方法を知りたい

〇60歳で定年退職する社員を再雇用する場合の賃金はどうすればいい?

〇従業員に関する愚痴を聞いてほしい

〇労働基準監督署に問い合わせるほどではないが、ちょっと相談したい

訪問、メール、FAX、Skypeなど、ご希望の方法にて、ご相談をお受けいたします。

(訪問は、土・日・祝日など弊所休日を除く)

★ メールやFAXの場合、時間を気にせず、深夜でも質問を送信できます。

★ メールやFAXによる質問やお問い合わせは24時間受付。

48時間以内(土、日、祝日など弊所休日除く)に返信。

★ Skypeによる相談は、夜10時まで

(料金)

★ 訪問  30分 5,000円(税別)

* 遠方の場合、交通費を請求する場合がございます。

★ Skype 30分    5,000円(税別)

★ メール、FAX 2往復 5,000円(税別)

 

(お申込み方法)

お申し込みは、下記の電話、FAX、メール、お申込フォームよりお気軽にお申し込みください。

訪問、Skypeによる相談をご希望の方で、FAX、メール、お申込フォームより申し込みをされる場合、ご希望の日時を第3希望まで候補を挙げてください。

電話/FAX     0856-52-2090

メール      info@ikeguchi-sr.com

お申込みフォーム https://ws.formzu.net/fgen/S35490508/ コピー5

働き方改革を支援します。

今朝(2017年5月10日)の日経新聞で、日本通運が全取引先企業に物流費の値上げを要請すると報じられていました。
日通は宅配から撤退後、倉庫の運営や企業間の配送を行い、トラック運転手の人手不足で、外部運送会社への委託費が増加しているということです。
ヤマト運輸の値上げを受け、佐川急便や日本郵便も採算の悪い契約の大口顧客に値上げを求めるということです。
労働力人口減少の中、物流会社だけでなく、どの産業も人手不足は深刻です。
優秀な人材の確保、定着率・生産性向上のためには長時間労働の抑制が欠かせません。
採算の悪い取引や業務量の見直し、所要時間をあらかじめ決めてから会議を行うなど働き方の改善が急がれますね。
★御社の働き方改革を支援します。
 長時間労働を抑制し離職率を低下させたいが、何に取り組めばいいか分からない」など小さな会社の経営者様、担当者様の相談をお受けしています。

訪問、メール、FAX、skypeなどご希望の方法にて、ご相談をお受けいたします。

(訪問は、土・日・祝日など弊所休日を除く)

★メールやFAXの場合、時間を気にせず、深夜でも質問を送信できます。

質問やお問い合わせは24時間受付。

48時間以内(土、日、祝日など弊所休日除く)に返信。

(料金)

〇訪問、電話  30分 5,000円 (税別)

〇メール、FAX 2往復 5,000円 (税別)

 

お申し込みは、下記の電話、FAX、メール、お申込フォームよりお気軽にどうぞ。

電話/FAX     0856-52-2090

メール      info@ikeguchi-sr.com

お申込みフォーム https://ws.formzu.net/fgen/S3549050