保活事情急変!あえて待機児童をねらう理由は?

 

今朝の毎日新聞で大阪市の保活事情の異変について報じられていました。

「絶対に入れない保育所」に申し込んであえて落選を狙うケースが増えているということです。

昨年10月から保育所に入れなかった場合、最長2歳まで育児休業と育児休業給付金の給付期間の再延長が可能になりました。

この再延長の手続きに保育所に入れなかった証明書である「入所保留通知」が必要なため、育休を延長したい親が、あえて入所できそうにない保育所を希望し申し込んでいるということです。

ところで妊娠中又は出産後の女性労働者の母性を守るため

◯女性労働者からの申出があった場合、勤務時間の中で、健康診査等を受けるために必要な時間を与えなければならない

◯妊娠中及び出産後の女性労働者が健康診査等を受け、医師等から指導を受けた場合、勤務時間の変更や勤務の軽減等をしなければならない

など事業主に対して義務付けられている母性健康管理制度があります。

妊娠中及び出産後の女性従業員に何をしなければならないか?については

厚生労働省HP 職場と母性に関する情報サイト妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ~企業ご担当者の方~ 母性健康管理に対する企業の義務

をご参照ください。

★弊所では小さな会社様の労務相談をお受けしています。

◎こんな方におススメです。

・妊娠中及び出産後の女性従業員に何をしなければならないかわからない

・求人募集をしても応募がない

・パート、アルバイト、嘱託社員などの無期転換申込権がいつ発生するか分からない

・残業時間を削減したいが何をすればいいか分からない  など

訪問、電話、メール、FAX、skype、LINEなどご希望の方法で、ご相談をお受けして

います。

(訪問、skype、電話は、土・日・祝日など弊所休日を

除く)

メールやFAX、LINEでの質問やお問い合わせは24時間受付。

48時間以内(土、日、祝日など弊所休日除く)に返信。

(相談料金)

〇訪問、電話、skype 30分  5,000円(税抜)

〇メール、FAX、LINE(2往復)
5,000円(税抜)

(求人募集のHP,ブログ記事作成)

1画面  10,000円(税抜)

 

(お申込み方法)

1下記の電話、FAX、メール、お申込フォーム、LINE@によりご希望の日時を第3希望まで候補を挙げてください

2 訪問、Skypeによる相談をご希望の方で、FAX、メール、お申込フォーム、LINE@より申し込みをされた場合、弊所より折り返しご連絡いたします。

〇電話/FAX  (電話受付時間 9:00~14:00) 

 0856-52-2090

〇メール      (24時間受付)    

 info@ikeguchi-sr.com        

〇お申込みフォーム (24時間受付)

 https://ws.formzu.net/fgen/S35490508/

◯LINE@    (24時間受付)

    https://line.me/R/ti/p/%40lxw3768e    

1 LINEの友達追加ページの「ID検索」を選択

2 ID 「@lxw3768e」を入力し、検索)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ、メルマガで、法改正情報を中心に定着率アップに

必要な労務管理の知識、法律用語をなるべく使わず分かりやすい言葉でお伝えしています。

☆公式ブログ  「人材定着率がグンとUPする方法」http://ameblo.jp/ikeguchisr/

☆メールマガジン「人材定着率がグングンUPする方法」

PCから登録・解除:
http://www.mag2.com/m/0001668982.html

スマホ、携帯からの登録・解除:http://www.mag2.com/mm/0000166898.html

コメントは停止中です。