パート厚生年金「月収6.8万円以上」も加入対象で検討へ

 

2018年8月27日の日経新聞で厚生労働省が厚生年金の加入対象者拡大の検討をすると報じられていました。

現在、下記の1~5すべてに当てはまる人は、厚生年金に加入しなければなりません。

1 厚生年金加入者が501人以上の企業など

2 月額賃金 8.8万円以上

3 勤務期間1年以上の見込み

4 週の所定内労働が20時間以上

5 学生ではない

厚生労働省は、この1と2の条件を

「企業の規模要件を撤廃または人数を減らす」

 

「月額賃金 6.8万円以上」

で議論する検討会の設置を提案するということです。

厚生労働省は2020年法案成立、1年後に開始を目指しているそうです。

パート、アルバイトを雇用されている会社様は、今後のニュースに

ご注意ください。

☆TIME TICKETで日々のちょっと気になる相談を

気軽にできる↓「ちょこっと労務相談」を

始めました。

顧問契約ではなくスポット契約なので、お気軽にご相談ください。

タイムチケット チケット購入申し込みは↓こちらからお願いします。

https://www.timeticket.jp/items/56790?utm_source=search&utm_campaign=search_item&utm_medium=item

コメントは停止中です。