月別アーカイブ: 10月 2018

平成27年新卒者の3年以内離職率は何%?

 

 

 

先日、厚生労働省HPで新卒者(平成27年3月卒)の就職後
3年以内離職率が公表されました。

◎大卒      31.8%  (ー0.4P)
◎短大など     41.5%  (+0.2P)
◎ 高校      39.3%  (ー1.5P)
◎ 中学       64.1%  (ー3.6P)
と「短大など以外」は、前年より離職率が下がっています
事業所規模別に離職率を見ると
           大卒          高卒
1,000 人以上 24.2%       25.3%
 500 ~999人 29.6%      32.9%
 100 ~499人 31.9%      36.5%
  30 ~99人  39.0%      46.3%
  5~29 人    49.3%      55.9%
と規模が小さくなるほど離職率が高くなっています。

平成30年就労条件総合調査によると従業員99人以下と1,000人以上の事業所で
◎1日の所定労働時間の差は3分程度
◎年間休日や有給取得率は事業所規模が大きくなるほど
多い
という結果です。
働き方改革関連法も始まることも踏まえ、有給取得率を上げましょう。
★いけぐち社労士事務所

〇電話/FAX  (電話受付時間 9:00~14:00) 

 0856-52-2090

〇メール      (24時間受付)    

 info@ikeguchi-sr.com        

 

◯LINE@    (24時間受付)
                                https://line.me/R/ti/p/%40lxw3768e    

1 LINEの友達追加ページの「ID検索」を選択

2 ID 「@lxw3768e」を入力し、検索)

 

友だち追加

〇お申込みフォーム (24時間受付)

PC・スマホ共用フォームURL https://ws.formzu.net/fgen/S35490508/

スマホ専用フォームURL
https://ws.formzu.net/sfgen/S35490508/

携帯電話用(ガラケー)フォームURL

https://ws.formzu.net/mfgen/S35490508/

 

   

 

 

【働き方改革】月60時間超えの残業代、割増率が50%以上の企業は何%?

 

 
 
 
今日、厚生労働省HPで平成30年就労条件総合調査結果の概況が公表されました。
 
 

  

月60時間超えの残業の割増賃金率が50%以上
企業割合をみると
 
 
 
・従業員数1,000人以上の企業              97.5% ★
 
 
・従業員数300~999人以上の企業         90.1%
 
 
・従業員数1,00~299人以上の企業   64.2%
 
 
・従業員数30~99人以上の企業                  37.5%  
 
 
 
と従業員数が少ない企業ほど割合が少なくなります。
 
 
 
★月60時間超えの残業の割増賃金率を「定めている」企業を100とした割合
 
 
 
 
 
 
 
2019年4月1日から働き方改革関連法がスタートします。
 
 
 
現在大企業は、月60時間超えの残業の割増賃金率は 
50%以上です。
 
 
 
中小企業は、平成35年4月1日から月60時間超えの 
残業の割増賃金率が50%以上になります。
 
 
 
残業時間の削減対策が急がれますね。
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金は
こちらのページをご覧ください。

 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。