平成28年の合計特殊出生率&初産の平均年齢は?

昨日、厚生労働省ホームページで平成28年人口動態統計月報年計(概数)の概況が公表されました。

平成 28 年の

○初産の平均年齢 30.7歳(前年と同じ)

○合計特殊出生率  1.44 (前年1.45)

と合計特殊出生率は前年より若干低下しています。

結果の概要表3 第1子出生時の母の平均年齢の年次推移、表4-1 合計特殊出生率の年次推移により)

表5 都道府県別にみた合計特殊出生率によると

1位 沖縄県 (1.95)

2位 島根県 (1.75)

3位 長崎県 (1.71)

の順に合計特殊出生率が高くなっています。

逆に都道府県別に合計特殊出生率が低い順にみると

1位 東京都(1.24)

2位 北海道 (1.29)

3位 宮城県 (1.34)

の順に低くなっています。

今年の1月1日から改正育児・介護休業法がスタートしました。

事業主の方は、妊娠・出産、育児・介護休業に関する制度を利用する従業員がハラスメントにあわないように防止対策をとることが義務付けられています。

みなさまの会社では、上記ハラスメントを行った従業員に対する罰則を就業規則に定めたり、相談窓口を設置されましたか?

今年の10月からは、保育所に入園できなかった場合、2歳まで育児休業がとれるようになります。

この機会に厚生労働省ホームページ育児・介護休業制度ガイドブックで事業主の方の義務などをご確認ください。

弊所では、下記のご相談をお受けしています。

〇労使トラブルのことを相談したい

〇長時間労働を削減するには、どうすればいい?

〇労働基準法などの法改正で、わが社は何をする必要があるか?教えて欲しい

〇平成30年4月から始まる無期転換ルールに対して、わが社は何をする必要があるか?教えて欲しい

〇これってパワハラ?マタハラ?会社としての対応方法を相談したい

〇産休、育児、介護休業の申し出があった時の対応方法を相談したい

〇無断欠勤を繰り返す社員への対応方法を知りたい

〇60歳で定年退職する社員を再雇用する場合の賃金はどうすればいい?

〇従業員に関する愚痴を聞いてほしい

〇労働基準監督署に問い合わせるほどではないが、ちょっと相談したい

訪問、メール、FAX、Skypeなど、ご希望の方法にて、ご相談をお受けいたします。

(訪問は、土・日・祝日など弊所休日を除く)

 

★ メールやFAXの場合、時間を気にせず、深夜でも質問を送信できます。

★ メールやFAXによる質問やお問い合わせは24時間受付。

48時間以内(土、日、祝日など弊所休日除く)に返信。

★ Skypeによる相談は、夜10時まで

(料金)

★ 訪問  30分 5,000円(税別)

* 遠方の場合、交通費を請求する場合がございます。

★ Skype 30分    5,000円(税別)

★ メール、FAX 2往復 5,000円(税別)

 

(お申込み方法)

お申し込みは、下記の電話、FAX、メール、お申込フォームよりお気軽にどうぞ。

訪問、Skypeによる相談をご希望の方で、FAX、メール、お申込フォームより申し込みをされる場合、ご希望の日時を第3希望まで候補を挙げてください。

電話/FAX     0856-52-2090

メール      info@ikeguchi-sr.com

お申込みフォーム https://ws.formzu.net/fgen/S35490508/      cropped-.jpg