厚生年金

10年年金、来年度から始動へ!無年金者問題は?

 
 

現在、65歳から支給される老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が、原則25年以上必要です。
 
 
 
 

「無年金者問題」を解決するため、消費税率10%引き上げ時に年金受給資格期間を10年に短縮する制度改正が予定されていました。

 
 
 
 

昨日、安倍首相が「消費税率10%引き上げを待たずに、来年度からスタートできるように準備を進める」と表明しました。

 
 
 
 

受給資格期間が10年以上25年未満の方、今後のニュースにご注意ください。

 
 
 
 
 
 

令和4年4月1日から年金繰り下げ受給の上限年齢が75歳へ引き上げに詳しくは、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

60歳で定年退職後に厚生年金をもらいながら同じ会社で嘱託職員として再雇用、年金受給額が減る時とは?詳しくは、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

60歳定年後に嘱託職員として継続雇用、無期転換が必要?詳しくは、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

令和3年4月から希望者全員働ける年齢70歳に引き上げが「努力義務」に!詳しくは、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

パート・アルバイト・嘱託職員などの労務管理については、こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
夜勤シフトなどの労務管理や助成金などについては、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談や研修・セミナー講師などのご依頼は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

法改正情報などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

 
 
 

 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。