1年変形の労働時間制を導入、労使協定で定めないといけないことは?

 
 
 

労働基準法で、労働時間は「1日8時間」「週40時間」以内とされています。(法定労働時間)

 
 
 

※特例措置対象事業場は週44時間

 
 
 

1年単位の変形労働時間制を採用することで、特定の日または週に法定労働時間を超え働くことができます。

 
 
 

詳細は、1年変形の労働時間制とは?をご覧ください。

 
 
 

1年単位の変形労働時間制を採用するためには、労使協定で

 
 
 
 

■対象労働者の範囲

 
 
 
 

■対象期間(1か月を超え1年以内とする)

 
 
 
 

■特定期間(対象期間中特に忙しい期間)

 
 
 

■対象期間中の労働日、各労働日の始業・終業時刻

 
 
 
 

■労使協定の有効期間

 
 
 
 

を定め、労働基準法監督署に届け出ることが必要です。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

働き方改革については、こちらのページもご覧ください。

 
 
 

 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

料金一覧は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 

 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。