小売業、旅館、飲食店に向いている「1週間単位の非定型的変形労働時間制」とは?

 
 
 

小売業や旅館、飲食店などは

 
 
 
 

「来週は急な団体予約が入って忙しくなった」

 
 
 

と直前にならないと忙しいかどうか分からないケースが多いと思います。

 
 
 

就業規則などであらかじめ1日の所定労働時間を特定する1ヵ月変形や1年変形労働時間制での対応は難しいです。

 
 
 

このような業種では、1週間ごとに翌週の各日の労働時間を決めることができる

 
 
 

「1週間単位の非定型的変形労働時間制」

 
 
 

が合っています。

 
 
 

この制度を利用できる条件は

 
 
 

1 小売業、旅館、料理店、飲食店の事業である

 
 
 

2 常時30人未満の労働者を使用

 
 
 

3 労使協定を書面で締結している

 
 
 

4 3を所轄労働基準監督署に届け出ている

 
 
 

の1~4の条件を満たすことが必要です。

 
 
 
 

この制度を導入すると

 
 
 

・1日10時間まで

 
 
 

・1週間の所定労働時間を40時間以下(特例事業も同じ)

 
 
 

で、労働者に事前に書面通知した所定労働時間で仕事をしてもらうことができます。

 
 
 
 

事前の書面通知は

 
 
 

・原則:前週末までその週の各日の労働時間を知らせる

 
 
 

・事前に通知した時間を変更する場合

 
 
 

緊急でやも得ない場合は、変更する日の前日まで書面で労働者に通知  

 
 
 

が必要です。(労働基準法第32条の5) 

 
 
 
 
 

働き方改革・新型コロナウイルス感染対策関連の労務管理については、こちらのページもご覧ください。
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。