働き方改革

【働き方改革】令和元年7月違法残業で送検された会社は?

 

厚生労働省HPでは、労働基準関係法令違反で送検された会社名などが公表されています。

 
 
 
 

令和元年7月に違法な残業で送検された会社は

 
 
 

■(有)和楽 湯の家旅館 (栃木県日光市)

 
 
 

労働者1名に、36協定の締結・届出を行わず、違法な時間外労働を行わせた

 
 
 

→労働基準法第40条違反でR1.7.8送検

 
 
 
 

■(有)味万 (大阪府枚方市)

 
 
 

労働者1名に、有効な36協定の締結・届出なく違法な時間外労働を行わせた

 
 
 

→労働基準法第32条違反でR1.7.23送検

 
 
 
 

■(株)ありがとうサービス (愛媛県松山市)

 
 
 

労働者14名に、36協定の延長時間を超える違法な時間外労働を行わせた

 
 
 

→労働基準法第32条違反でR1.7.26送検

 
 
 

などです。

 
 
 
 

出典:厚生労働省労働基準関係法令違反に係る公表事案(平成30年8月1日~令和元年7月31日公表分)

 
 
 
 

残業代を払えば、誰でも残業させていいわけではありません。

 
 
 
 

・有効な36協定の締結・届出がされている

 
 
 

・採用する時、労働契約などで残業や休日出勤があることを了承している

 
 
 

・36協定の「残業が必要な事由」であれば残業させることができると就業規則に規定されている

 
 
 

などの条件を満たさなければ、残業できません。

 
 
 
 

今年4月から、大企業は残業時間の上限が法律で規制されています。

 
 
 
 

中小企業は2020年4月1日からですが、早めに残業の削減に取り組みましょう。
 
 
 
 
 

夜勤に欠かせない「1カ月単位の変形労働時間制」を 採用するには?

 
 
 
 
 

1年変形の労働時間制とは?もご覧ください。

 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
令和4年10月1日・令和6年10月1日からの2段階で始まる健康保険・厚生年金の適用拡大で、新たに加入対象になるパート・バイトは?こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
パート・アルバイト・契約社員・嘱託職員の労務管理については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
夜勤のシフトなど労務管理や助成金などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

労務相談や就業規則の診断・改定・作成、各種手続きについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

令和4年4月から始まる改正育児・介護休業法や10月から始まる産後パパ育休など法改正情報などについて、無料メールマガジンでお伝えしています。
 
 
 
 

 

       

 
 
 

 
 
 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。