2020年労働者不足の対処方法トップ3は?

 
 

 
 
 
今日、厚生労働省HPで労働経済動向調査(2020年8月)の概況が公表されました。
 
 
 
 
2020年8月1日現在過去労働者が不足していて

 
 
 
(1)過去1年間に何らかの労働者不足の対処をした事業所 60%
 
 
 
(2)今後1年間に対処をする予定とする事業所 53%
 
 
 
 
■労働者不足の対処方法(複数回答)
 
 
 

1位「正社員等採用・正社員以外から正社員への登用の増加」

 
 
 
(1)の事業所のうち60%、(2)の事業所のうち58%
 
 
 
 
2位「臨時、パートタイムの増加」
 
 
 
(1)の事業所のうち43%、(2)の事業所のうち43%
 
 
 
 

3位「派遣労働者の活用」 (1)の事業所の35%

 
 
 

「離転職の防止策強化、または再雇用制度・定年延長・継続雇用」(2)の事業所の33% 

 
 
 
 

となっています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省「労働経済動向調査(2020年8月)の概況 表11」

 
 
 
 

クラウド化の影響により、事務職では2022年度以降人手過剰と予想されています。

 
 
 
 
 
 

【働き方改革】人手不足はいつまで続く?2022年から人手過剰の職種は?をごらんください。

 
 
 
 
 
 

採用については、こちらもごらんください。

 
 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン・メール・電話・訪問などで相談)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 

 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。