精神障害の労災認定基準改正!心理的負荷評価表にパワハラの出来事追加

 
 
 

2020年6月1日から、パワーハラスメント(パワハラ)防止対策が大企業に義務づけられます。

 
 
 
 

これに伴い、「心理的負荷による精神障害の労災認定基準」が改正されました。

 
 
 
 

認定基準改正のポイントは

 
 
 

■「具体的出来事」等に、パワハラを追加

 
 
 

・「出来事の類型」に、パワハラを追加

 
 
 

・「上司等から、身体的攻撃、精神的攻撃等のパワーハラスメントを受けた」

 

を「具体的出来事」に追加

 
 
 
 

■評価対象のうち「パワーハラスメント」に当たらない暴行やいじめ等について文言修正

 
 
 

・「具体的出来事」の「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」

 
 

→「同僚等から、暴行又は(ひどい)いじめ・嫌がらせを受けた」に名称を修正

 
 
 

・パワハラに該当しない優越性のない同僚間の暴行やいじめ、嫌がらせなどを評価する項目として位置づける

 
 
 

などの見直しがされています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省「心理的負荷による精神障害の労災認定基準を改正しました」

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

新型コロナ・働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革の労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。