令和2年10月から最低賃金額改定へ

 
 
 

令和2年10月1日から、最低賃金額が順次改定されます。

 
 
 
 

令和2年度の地域別最低賃金時間額は

 
 
 

■令和2年全国加重平均 902円(令和元年度901円)

 
 
 

■最高額は東京都 1,013円(令和元年度1,013円)

 
 
 

■最低額は、秋田・鳥取・島根・高知・佐賀・大分・沖縄県 792円

 
 

(いずれの県も令和元年度790円)

 
 
 

■令和元年度と同じ金額の都道府県

 
 
 
 

北海道、東京都、静岡県、京都府、大阪府、広島県、山口県

 

 
 
 
 

島根県では令和2年10月1日から最低賃金が792円となります。

 
 
 
 

各都道府県の最低賃金額・改定日は、厚生労働省HPなどでご確認ください。

 
 
 
  

出典:厚生労働省「令和2年度地域別最低賃金の全国一覧」

 

 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン、メール、電話、訪問など)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 

 
 
 
 

就業規則・賃金規程の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 

 
 
 
 
 

パート・アルバイトなど短時間・有期雇用労働者の労務相談については、こちらのページをご覧ください。

 

 
 
 
 
 

料金は、こちらのページをご覧ください。

 

 
 
 
 
 
PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。