36協定に有効期間はある?自動更新できる?

 
 
 

労働基準法では、原則として労働者を

 
 

「1日8時間まで」「1週間に40時間まで」

 
 
 
 

しか働かせることができません。(法定労働時間)

 
 
 
 

また1週1日または4週4日以上の休日が必要です。

 
 
 

(法定休日)

 
 
 
 

労働者に残業(時間外労働)や法定休日に仕事をしてもらうためには、

 
 
 

「36協定(時間外労働・休日労働に関する協定)」

 
 
 

の締結・届出が必要です。

 
 
 

36協定には、有効期間を定める必要があり

 
 
 

「1年間とするのが望ましい」

 
 
 

とされています。(平11.3.31 基発第169号)

 
 
 
 

36協定に自動更新規定を定めることで、自動更新が可能になります。

 
 
 
 

ただし更新時に

 
 
 

「労使両当事者から異議の申し出がなかった事実を証明する書面」

 
 
 

を届け出ることが必要です。

 
 
 
 

(昭.29.6.29基発第355号)

 
 
 
 

「自動更新の規定があれば、更新ごとに労働基準監督署へ届出不要」

 
 
 
 

とはならないので、ご注意ください。

 
 
 
 
 

働き方改革・新型コロナ関連の労務管理や助成金などについては、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

料金案内は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。