令和4年パートの年金・健康保険加入要件がさらに拡大へ

 
 
 

令和2年5月29日、第201回通常国会で「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」が成立しました。

 
 

(年金制度改正法)

 
 
 
 
 

現在、パートタイマーなどの短時間労働者でも

 
 
 
 

・勤務時間・勤務日数が、常時雇用者の3/4未満の人

 
 
 
 

・下記1~5のすべてに該当する人

 
 
 
 

の両方に該当する人は、厚生年金・健康保険(社会保険)に加入しなければなりません。

 
 
 
 

1 下記の(a)~(c)のいずれかに勤めている

 
 
 

(a)従業員が501人以上の企業

 
 
 

(b)労使合意に基づき企業単位で適用拡大した従業員が500人以下の法人・個人の事業所

 
 
 
 

(c)国・地方公共団体

 
 
 
 

2 月額賃金 8.8万円以上

 
 
 

(残業代・賞与・臨時的な賃金等を含まない)

 
 
 
 

3 勤務期間1年以上の見込み

 
 
 
 

4 週の所定内労働が20時間以上(残業時間は含まない)

 
 
 
 

5 学生ではない

 
 
 
 
 

令和4年10月から

 
 
 
 

・1(a)の要件、従業員が「101人以上」の企業

 
 
 
 

・3の要件を撤廃。*フルタイムの加入者と同様「2ヶ月超」の要件とする

 
 
 
 

令和6年10月から、従業員が「51人以上」の企業

 
 
 
 
 

へと変わります。

 
 
 
 
 

※フルタイムの加入者と同様「2ヶ月超」の要件とは

 
 
 

フルタイムでも、2か月以内の期間の契約で働く場合、社会保険に加入できない

 
 
 

→所定の期間を超えて引き続き使用されるようになった場合は、その日から被保険者となる

 
 
 
 
 

パート・アルバイトなど有期雇用労働者の労務相談は、こちらのページをご覧ください。