令和元年上半期、20代前半社員の退職理由トップ3は?

 
 

一昨日、厚生労働省HPで令和元年上半期雇用動向調査結果が公表されました。

 
 

令和元年上半期(1月~6月)転職者の前職を辞めた理由をみると(「定年・契約期間終了」「その他」を除く)

 
 

(20~24歳の男性)

 
 

1位 「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」13.5%

 
 

2位 「職場の人間関係が好ましくなかった」
13.4%

 
 

3位 「給料等収入が少なかった」  13.1%

 
 

(20~24歳の女性)

 
 

1位 「職場の人間関係が好ましくなかった」
 19.4%

 
 

2位 「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」13.2%

 
 

3位 「会社の将来が不安だった」 8.3%

 
 

と男女ともに「職場の人間関係が好ましくなかった」が上位となっています。

 
 

出典:厚生労働省令和元年上半期雇用動向調査結果の概要

 
 

2020年6月1日から、パワハラ防止対策が企業に義務付けられる予定です。

 
 

 
 

「パワハラ防止対策で何をしなければならないか?」などの内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 

 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 

 

 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。