マスクや消毒用アルコールの製造、36協定なしで残業・休日労働可能に

 
 
 

昨日、厚労省のHPで

 
 
 
 

「マスクや消毒用アルコールなどの製造は、原則として労働基準法第33条第1項の要件に該当するものと考えられる」

 
 
 

と公表されました。

 
 
 

労働基準法で、労働時間は

 
 
 

「1日8時間まで」

 
 
 
 

「1週間に40時間まで」

 
 
 

休日は

 
 
 

「毎週少なくとも1日必要」

 
 
 

または

 
 
 

「4週間を通じ4日以上必要」

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

残業(時間外労働)や法定休日労働をさせるためには、労使による36協定の締結・届出が必要です。

 
 
 
 

しかし、労働基準法第33条第1項の適用対象となると

 
 
 

・「災害などによる臨時の必要がある」

 
 
 

・「労働基準監督署長の許可を受けている」

 
 
 

という場合、36協定の締結・届出なしでも必要の限度で残業や法定休日労働が可能になります。

 
 
 
 

(事態急迫で許可を受ける間がない時は事後に遅滞なく届出が必要)

 
 
 
 

なお上記の場合も、残業時間は「月45時間以内」にする必要があるのでご注意ください。

 
 
 
 

出典:厚生労働省新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

 
 
 
 
 

新型コロナウイルス感染対策関連の労務相談については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。