労災で通院、交通費の請求はできる?

 
 
 

仕事や通勤が原因でケガや病気になった時、無料で治療が受けられる「療養(補償)給付」。

 
 
 
 

労災で通院している場合

 
 
 

①自宅または勤務地から、原則として片道2㎞以上の通院

 
 
 

②同一市町村内の適切な医療機関へ通院した場合

 
 

(適切な医療機関がない場合、同一市町村以外の医療機関への通院費が認められることがある)

 
 
 

の両方を満たせば、交通費(移送費)の請求ができます。

 
 
 
 

通院の方法や支給額は

 
 
 

■ バス・電車などの公共交通機関 (運賃を支給)

 
 
 

■ タクシー (運賃を支給) 

 
 

 →領収書の添付が必要

 
 
 

■ 自家用車 (1㎞37円支給)

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

請求書は、

 
 
 

■ 仕事が原因の労災の場合

 
 
 

 「療養補償給付たる療養の費用請求書 様式第7号(1)」

 
 
 
 

■ 通勤途中の事故の場合

 
 
 

「療養給付たる療養の費用請求書 様式第16号の5(1)」

 
 
 
 

を労働基準監督署に提出します。

 
 
 
 

請求書のダウンロードなどは、下記をご参照ください。

 
 
 

出典:厚生労働省「労災保険給付関係請求書等ダウンロード」

 
 
 
 
 

新型コロナ・働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革に関する労務・助成金の相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。