採用」カテゴリーアーカイブ

2020年1月からハローワーク求人票に登録が必要になる情報は?

 

2020年1月6日より、会社のパソコンからハローワークへ求人の申し込みができるようになります。

 

このサービスを利用するためには事前に「求人者マイページ」の開設が必要です。

 

また2020年1月6日より求人票の様式も変わり

 

◯ 代表者の役職

 

◯ 代表者名のフリガナ

 

◯ 職能給制度の有無

 

◯ 復職制度の有無

 

◯ 賃金ー固定残業代

 

◯ 昇給制度・賞与制度の有無

 

◯ 時間外労働ありの場合「36協定における特別条項の有無」

 

◯ 応募書類の送付方法

 

◯ 就業場所における屋内の受動喫煙対策の有無

 

も、登録することが必要となります。

 

出典:厚生労働省2019年10月以降に求人申込みを行った事業主の皆さまへ2020年1月6日から 求人票が変わりますその2

 

「会社のパソコンからハローワークへ求人の申し込みができるようにしたい」

 

「求人を出しても応募がない。」

 

などのご相談、料金は、こちらのページをご覧ください。

 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金は
こちらのページをご覧ください。

 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

LINEの採用通知本文に労働条件を直接入力はOK?

 

最近LINEで、採用担当者と応募者が連絡をとる会社様が増えました。
 
 

ところで従業員を採用する時は、

 
(1)契約期間
 
(2)契約更新の有無・更新の判断基準
 
(3)仕事の内容・場所
 
(4)仕事の開始・終了時間、休憩時間、休日、残業の有無、交代勤務のローテンションなど
 
(5)賃金の決定、計算・支払い方法、締切り・支払い時期
 
(6)退職に関すること(解雇事由含む)

 

を記載した書面を渡す、FAX・メールを送信するのいずれかの方法で労働条件を提示しなければなりません。

(労働基準法第15条)

 
2019年4月1日から労働者が希望した場合、書面の代わりにLINEやFacebookなどSNSで労働条件を示すことも認められます。
 
LINEなどの採用通知本文に労働条件を直接入力した場合、労働条件明示義務を果たしたことになるでしょうか?
 
この場合でも、プリンターなどで印刷可能であれば認められます。
 
しかしトラブル防止のため、労働条件通知書はPDFやWordなど添付ファイルで送信したいですね。
 
 

★労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページを

 

★顧問契約の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。