新型コロナで在宅勤務を実施した企業は何%?

 
 
 

先日「新型コロナウイルス感染症が企業経営に及ぼす影響に関する調査」結果が公表されました。

 
 
 
 

2020年2~5 月の生産・売上額などの変化を6月に3000社の企業に調査したところ

 
 
 

■企業が事業の運営、社員の働く環境に関連して「いずれも実施していない」と回答した割合 

 
 
 

2月  84.7% → 5月 21.1%  

 
 
 

■企業が事業の運営、社員の働く環境に関連して実施した項目 

 
 
 

1位「在宅勤務(テレワーク)の実施」

 
 
 

・2月に実施した企業  5.3%

 
 
 

・5月に実施した企業  48.1%

 
 
 

2位「営業の短縮(営業日の縮小)」  

 
 
 

・2月に実施した企業  4.5%

 
 
 

・5月に実施した企業  29.0% 

 
 
 

3位「営業の短縮(一日当たりの営業時間の短縮)」

 
 
 

・2月に実施した企業 4.1%

 
 
 

・5月に実施した企業 27.2%

 
 
 

と事業運営や働く環境を変えた企業が、5月には8割近くまで増えています。

 
 
 
 

また在宅勤務を実施した企業が最も多く、5月には約5割近くとなっています。

 
 
 
 

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構
「新型コロナウイルス感染症が企業経営に及ぼす影響に関する調査」(一次集計)結果

 
 
 
 
 

在宅勤務制度を導入した場合の助成金などについては、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

料金一覧は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 

 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。