希望者全員働ける年齢65歳→70歳引き上げは「努力義務」に閣議決定

 
 

 
 
 
現在、会社が定年を定めるときは、60歳以上にしなければなりません。
 
 
 
 
(高年齢者雇用安定法8条)

 
 
 
 
定年の年齢が65歳未満の会社は
 
 
 
(1)定年の年齢を65歳以上にする
 
 
 
 
(2) 65歳までの継続雇用制度を導入
 
 
 

(再雇用制度・勤務延長制度など)

 
 
 
(3)定年制を廃止
 
 
 
のうちどれかを制度として導入することが、義務づけられています。
 
 
 
(高年齢者雇用安定法第9条)
 
 
 
 

昨日政府は、高年齢雇用安定法の改正案を閣議決定しました。

 
 
 
 

希望者全員が働ける年齢を、現在の65歳から

 
 
 
 

「70歳にすることを努力義務とする」

 
 
 

ことなどが含まれています。

 
 
 
 

通常国会で成立した場合、2021年4月から開始と報じられています。

 
 
 
 

60歳以上で働く場合、嘱託職員など非正規職員の方が多いです。

 
 
 
 

同一労働同一賃金対策は、お早めに。

 
 
 
 

パート・アルバイト・嘱託職員などの労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 
 
 
 

★就業規則の診断・作成・改定の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。