令和2年6月、70歳になっても働ける制度がある会社は何%?

 
 

 
 
 
現在、会社が定年を定めるときは、60歳以上にしなければなりません。
 
 
 
(高年齢者雇用安定法8条)

 
 
 
 
定年の年齢が65歳未満の会社は、高年齢者雇用確保措置として
 
 
 
(1)定年の年齢を65歳以上にする
 
 
 
(2)65歳までの継続雇用制度を導入
 
 
 

(再雇用制度・勤務延長制度など)

 
 
 
(3)定年制を廃止
 
 
 
のうちどれかを制度として導入することが義務づけられ、毎年6月1日現在の高年齢者の雇用状況の報告が必要です。
 
 
 
(高年齢者雇用安定法第9条)
 
 
 
 

厚生労働省の令和2年「高年齢者の雇用状況」(6月1日現在)によると

 
 
 

■70歳以上働ける制度のある企業の状況

 
 
 

51,633社(4,975社増加)、割合は31.5%(2.6ポイント増加)

 
 
 
 

・中小企業では47,172社(4,427社増加)、32.1%(2.5ポイント増加)

 
 
 

・大企業では4,461社(548社増加)、26.1%(2.8ポイント増加)

 
 
 

と大企業より中小企業の方が、高い割合となっています。

 
 
 
 

※ ( )内は、令和元年6月1日現在の数値

 
 
 

出典:厚生労働省令和2年「高年齢者の雇用状況」集計結果を公表します

 
 
 
 

令和3年4月1日から改正高年齢者雇用安定法が始まります。

 
 
 
 

努力義務ですが、人手不足対策として導入を検討したいですね。

 
 
 
 
 
 

パート・アルバイト・嘱託職員などの労務相談(スポット)の内容、料金はこちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

介護休業と介護休暇の違いは、こちらでお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

料金案内は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 
PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。