【働き方改革】正社員とアルバイト、業務の種類が同じか判断する資料は?

 

働き方改革関連法が始まり2020年4月1日から

 

「パートタイム労働法」が

 

「パートタイム・有期雇用労働法」

 
 

に変わります。

 

(中小企業は2021年4月1日から)

 
 

同じ社内で基本給やボーナスなど、あらゆる待遇で正社員と非正社員の不合理な格差が禁止されます。

 
 

アルバイトなど短時間労働者・有期雇用労働者が

 
 

(1)職務の内容

 

  ・業務の内容

 
 

  ・業務に伴う責任の程度

 

(2)職務の内容・配置変更の範囲

 
 

が正社員と全く同じ場合、原則として正社員と同じ待遇にしなければなりません。

 
 

業務の内容が、実質的に同じか判断するには

 
 

 

「厚生労働省編職業分類の細分類を目安として比較する」

 

とされています。

 

出典:厚生労働省平31.1.30基発0130第1号職発0130第6号雇均発0130第1号開発厚生0130第1号

 

パート、アルバイトなどの非正社員の「不合理な待遇差」がないか各種手当を確認しておきましょう。

 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。