入院・手術の支払い金額を抑える「限度額適用認定証」とは?

 
 
 

■ 病気やケガ(労災を除く)

 
 
 

■ 切迫早産・帝王切開

 
 
 

などで入院・手術が決まった時、すぐにしたいのが 
 

 
 
 

「限度額適用認定証」

 
 
 

の申請手続きです。 

 
 
 
 

入院手続きをする時「限度額適用認定証」を健康保険証と一緒に病院の窓口に提示すれば、支払いが※自己負担限度額で済みます。

 
 
 

※暦日1ヵ月 (1日~月末まで)の支払いが自己負担限度額以下

 
 
 

(例)窓口負担割合が3割の70歳未満の人

 
 
 

・1ヵ月の総医療費(10割)が100万円

 
 
 

・所得区分:区分ウ(標準報酬月額28万~50万円の人)

 
 
 

◯ 上記の人が健康保険証だけを窓口に提示し、限度額適用認定証を提示しない場合

 
 
 

→30万円(3割負担分)を病院の窓口で支払うことになる。

 
 
 

後日、高額療養費の申請すると212,570円(約3ヶ月後)が払い戻される。

 
 
 

◯ 上記の人が健康保険証と限度額適用認定証を提示した場合 

 
 
 
 

病院の窓口で支払うのは、87,430円(自己負担限度額)。

 
 
 
 

→後日、高額療養費の申請が不要 となります。

 
 
 

出典:全国健康保険協会医療費が高額になりそうなとき

 
 
 
 

なお通院で窓口での支払いが高額になりそうな時も、限度額適用認定証が利用できます。

 
 
 
 

限度額適用認定証を提示しないと一旦高額な医療費を立て替え払いすることになるので、事前に申請・入手しておきましょう。

 
 
 
 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

パート・アルバイトなどの労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。