【働き方改革】育児休業明けの社員も年5日年次有給休暇が必要?

 

2019年4月に働き方改革関連法がスタートしました。

 
 
 
 

会社は社員に、年間5日の年次有給休暇を取得させなければなりません。

 
 
 
 

対象となるのは、年10日以上法定の年次有給休暇がもらえる社員です。

 
 
 
 

では育児休業明けの社員にも、5日間の年次有給休暇を取得させる必要があるでしょうか?

 
 
 
 

例えば、毎週土日が休みの会社で2020年4月1日に年10日以上年次有給休暇が与えられる育休中の社員が

 
 
 
 

■2020年3月1日に復職した場合

 
 
 

→年5日年次有給休暇を取得させる必要有り

 
 
 
 

■2020年3月27日に復職した場合

 
 
 

→基準日から出勤日の残りが5日未満なので、年5日年次有給休暇を取得させる必要なし

 
 
 

となります。

 
 
 
 

年次有給休暇については、就業規則に必ず記載しなければならない項目なので変更はお早めに。

 
 
 
 
 

働き方改革についてはこちらのページをご覧ください。

 
 

 
 
 

出産、育児・介護休業相談など(オンライン相談も対応)は、こちらをご覧ください。をご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 

 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 

就業規則の診断・作成・改定(オンライン、メール、電話、訪問などで打ち合わせ)は、こちらをご覧ください。