【働き方改革】出退勤管理クラウド化で給与計算がラクになる理由

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月1日から働き方改革が始まりました。

 

「すべての人」の労働時間の状況を、客観的な方法その他適切な方法で把握することが法律で義務づけられました。

 

働き方改革が始まる前は、例外とされていた

 

・裁量労働制が適用される人

 

・管理監督者

 

の出社時間や退社時間も把握する必要があります。

 

ガイドラインでが、労働時間の状況を客観的に把握する
方法として

 

・「タイムカード」

 

・「ICカード」

 

・「パソコンの使用記録」

 

などがあげられています。

 

出典:厚生労働省「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」

 

弊所がおすすめしている勤怠システム「KING OF TIME 」の場合、従業員1人1カ月300円で

 

・給与計算ソフトとの連携で毎月の給与計算時の出社・
退社時間のデータ入力が不要になる

 

・有給休暇や慶弔休暇のカウント

 

・従業員の出社・退社時間をリアルタイムに本部で
把握できる

 

など多くのメリットがあります。

 

弊所では、勤怠管理・給与計算・人事労務手続きのソフトの導入支援を行っています。

 

料金など詳細は、顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)をご覧ください。