新型コロナで休業、休業手当の計算に必要な平均賃金の計算方法は?

 
 
 

「新型コロナの影響で休業し、従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が、支給されています。

 
 
 
 

休業手当は、平均賃金の60/100以上を支払わなければなりません。

 
 
 
 

平均賃金の求め方は、

 
 
 

算定事由発生日以前3ヶ月間に支払われた賃金総額 ÷ その期間の総日数

 
 
 

で求めます。

 
 
 
 

賃金締め切り日がある場合、直前の賃金締切り日が、起算日となります。

 
 
 
 

例えば賃金締め切り日が毎月20日の会社が、7月10日に休業をした場合

 
 
 

■6月分(5/21~6/20)の賃金

 
 
 

基本給150,000円、通勤手当5,000円、残業手当10,000円

 
 
 
 

■5月分(4/21~5/20)の賃金

 
 
 

基本給150,000円、通勤手当5,000円 

 
 
 
 

■ 4月分(3/21~4/20)の賃金

 
 
 

基本給150,000円、通勤手当5,000円、残業手当15,000円 

 
 
 
 

だった従業員の平均賃金は

 
 
 

(165,000円+155,000円+170,000円)÷(31日+30日+31日)=5326円08銭

 
 
 

となります。

 

 
 
 
 

なお賃金総額に、ボーナスなど臨時のもの・3ヶ月を超える期間ごとに支払われるものなど入れません。

 
 
 
 
 

銭未満の端数は切り捨てても差し支えありません。(昭22.11.5基発第232号) 

 
 
 
 
 

新型コロナ・働き方改革の労務相談や助成金の申請は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革に関する労務相談・助成金の申請含む)は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

料金一覧はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。