働き方改革 採用

人手不足はいつまで続く? 2022年から人手過剰の職種は?

 

 

厚生労働省HPで、労働政策基本部会の報告書が公表されました。

 
 
 
 

「内外経済の中長期的展望2018-2030年度」によると、2028年度以降は全体的に人手が過剰になると予測され

 
 
 

■ 人手が過剰になる職種

 
 
 

・事務職 2022年度以降、人手過剰に(2030年度は120万人が過剰に)

 
 
 

・生産職 2028年度以降、人手過剰に(2030年度は90万人が過剰に)

 
 
 

■ 人手不足になる職種

 
 
 

・専門技術職  2015年度以降、人手不足に(2030年度は170万人不足)

 
 
 

と今後約9年人手不足の状態が続き、2020年度後半から職のミスマッチ時代となるということです。

 
 
 
 

出典:厚生労働省【別添2】労働政策審議会労働政策基本部会 報告書(参考資料集)出所:三菱総合研究所内外経済の中長期的展望2018-2030年度

 
 
 
 

AI、IoE、ロボットによる自動化により約9年後、人手過剰になると予想されています。

 
 
 
 

人事労務分野でも、入退社や労働保険などの手続きなどがWebでできるHRテックが普及しています。

 
 
 
 

給与計算ソフトと連携できる勤怠管理ソフトの導入で、自動入力・計算が可能になります。

 
 
 
 

弊所では、人事労務管理システムの導入サポート支援を行っています。詳細は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

 
 
 

 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。