【働き方改革】「不合理な待遇差」解消を行った企業、取り組み内容トップ5は?

 
 

働き方改革関連法が始まり2020年4月1日から

 
 
 
 

「パートタイム労働法」が

 
 
 
 

「パートタイム・有期雇用労働法」

 
 
 
 

に変わります。

 
 
 
 

(中小企業は2021年4月1日から)

 
 
 
 
 

事業主は、下記の(1)(2)が義務付けられます。

 
 
 
 
 

(1)社内で基本給など、あらゆる待遇で正社員と非正社員の不合理な待遇差の禁止(同一労働同一賃金)

 
 
 
 

(2)短時間労働者や有期雇用労働者から待遇の違いや違いを設けている理由を聞かれた時は、説明する

 
 
 
 

JILPTの企業調査によると

 
 
 

◯不合理な待遇差をなくす取り組みを行った企業
33.2%

 
 
 

◯「取り組みを行った」と回答した企業の取り組んだ内容で多かったもの   

 
 
 

1位「基本的な賃金の引き上げ」   54.9%

 
 
 
 

2位「基本的な賃金の算定方法・算定要素の見直し」 38.4%

 
 
 

3位「正社員(無期雇用)への転換制度導入や制度内容の見直し」 34.5%

 
 
 

4位「賞与の導入や算定方法の見直し」 31.2%

 
 
 
 

5位「通勤手当の支給や算定方法の見直し」31.0%

 
 
 

となっています。

 
 
 

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「パートタイムや有期雇用の労働者の活用状況等に関する調査」(企業調査)及び 「働き方等に関する調査」(労働者調査)結果図表13

 
 
 
 

正社員と非正社員の待遇差が、働き方や役割に応じたものになっているか確認しておきましょう。

 
 
 
 

パート・アルバイトなど有期雇用労働者の労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 

 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。