介護士、医師、看護師が新型コロナに感染、労災になる?

 
 
 

先月末、千葉県内で新型コロナウイルスによる死亡者の半数以上が、2つの高齢者介護施設の入所者だったと公表されました。

 
 
 
 

2つの介護施設で、クラスター(感染集団)が発生したとみられています。

 
 
 
 

「新型コロナウィルスの感染経路が判明し、感染が業務によるものである」

 
 
 

と認められる場合は、労災保険給付の対象となります。

 
 
 
 

医師、看護師、介護従事者などが感染した場合

 
 
 

業務外での感染が明らかである場合を除き、原則として労災保険給付の対象

 
 
 

と他の業務より、労災認定されやすくなっています。

 
 
 

出典:令和2年4月28日基補発 0428 第1号

 
 
 
 
 

小売業の店員やバス・タクシー運転手、保育士などの労災認定についてはこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

新型コロナウィルス関連の労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。