新型コロナで助成金申請「事業所の規模を確認する書類」とは?

 
 
 

「新型コロナの影響で休業し、従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が支給されています。

 
 
 
 

従業員がおおむね20人を超える中規模以上の会社や事業主が

 
 
 

「緊急対応期間(令和2年4月1日~6月30日)に休業し従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

という場合、雇用調整助成金の申請時に必要な書類に

 
 
 

事業所の規模を確認する書類

 
 
 

とあります。

 
 
 
 

これは「事業所の従業員数や資本額がわかる書類」で

 
 
 

既存の労働者名簿及び役員名簿で可

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

なお中小企業の人数要件を満たす場合、資本額がわかる書類は不要ということです。

 
 
 
 

出典:厚生労働省雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)緊急対応期間(4月1日~6月30日)5月22日現在版

 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

新型コロナ・働き方改革の労務相談の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。