雇用調整助成金(新型コロナ特例)12月末まで延長へ

 
 
 

「新型コロナの影響で売上が落ち、休業させた従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が、支給されています。

 
 
 
 

厚生労働省HPで、

 
 
 
 

■「雇用調整助成金の特例措置」

 
 
 
 

■「緊急雇用安定助成金」

 
 
 
 

■「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」

 
 
 
 

の期限を、

 
 
 
 

令和2年9月30日まで→令和2年12月31日まで

 
 
 
 

に延長すると公表されました。

 
 
 
 

なお雇用調整助成金の特例措置などは、段階的に縮減されていくということです。

 
 
 
 

(休業者数・失業者数が急増するなど雇用情勢が大きく悪化した場合を除く)

 
 
 
 

出典:厚生労働省「雇用調整助成金の特例措置等を延長します」

 
 
 
 

また新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金の支給要件で

 
 
 
 

「事業主が対象となる有給の休暇制度を整備し、労働者に周知する期限」を

 
 
 
 

令和2年9月末→令和2年12月末までに延長する予定ということです。

 
 
 
 
 

出典:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金」の支給要件の見直しについて

 
 
 
 
 
 

新型コロナ関連の労務管理や助成金などについては、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談・社会保険手続きの内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 


 
 
 

料金案内は、こちらのページをご覧ください。
 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。