新型コロナ

雇用調整助成金(新型コロナ特例)申請期限が土日祝日の場合、いつまで提出が必要?

 
 
 

「新型コロナの影響で売上が落ち、休業させた従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金(新型コロナ特例措置)が、支給されています。

 
 
 
 

申請期限は

 
 
 

「支給対象期間末日の翌日から2か月以内」

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

例えば、9/1~9/30休業の申請期限は11/30までとなります。

 
 
 
 

郵送で申請する場合申請期限までに届いていなければならないので11/30必着です。

 
 
 
 

申請期限の末日が、

 
 
 
 

■土・日曜日、祝日など行政機関の休日※

 
 
 
 

■12月29日~翌年1月3日

 
 
 
 

に当たる場合は、その翌開庁日が申請期限となります。

 
 
 
 

※(土・日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日)

 
 
 
 

出典:厚生労働省「雇用調整助成金FAQ(令和2年11月10日現在版)(07)手続き、提出書類等07-20」

 
 
 
 
 
 

新型コロナ関連の労務管理や助成金などについては、こちらもご覧ください。

 
 
 
 

 

       

 
 
 

 
 
 

こちらの関連記事もご覧ください。

 
 
 

2015年3月に島根県益田市にて社会保険労務士事務所を開業した池口と申します。 「求人を出しても応募がない」 「優秀な人に長く勤めてもらいたい」 と人材不足や労務管理に悩む社長さまのご相談をオンライン(Zoom、Skype、Chatwork)・LINE・メール・FAX・電話・訪問などご希望の方法で承っております。 令和3年度財団法人介護労働安定センター雇用管理コンサルタント任命。