雇用調整助成金(新型コロナ特例)申請期限が土日祝日、いつまで提出が必要?

 
 
 

「新型コロナの影響で売上が落ち、休業させた従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金(新型コロナ特例措置)が、支給されています。

 
 
 
 

申請期限は

 
 
 

「支給対象期間末日の翌日から2か月以内」

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

例えば、9/1~9/30休業の申請期限は11/30までとなります。

 
 
 
 

郵送で申請する場合、申請期限までに届いていなければならないので11/30必着です。

 
 
 
 

申請期限の末日が、

 
 
 
 

■土・日曜日、祝日など行政機関の休日※

 
 
 
 

■12月29日~翌年1月3日

 
 
 
 

に当たる場合は、その翌開庁日が申請期限となります。

 
 
 
 

※(土・日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日)

 
 
 
 

出典:厚生労働省「雇用調整助成金FAQ(令和2年11月10日現在版)(07)手続き、提出書類等07-20」

 
 
 
 
 
 

新型コロナ関連の労務管理や助成金などについては、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

労務相談(オンライン対応)・社会保険手続きの内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

就業規則の診断・改定・作成(オンライン打ち合わせ対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 


 
 
 

料金案内は、こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。