【働き方改革】残業時間が上限規制越え、罰則は?

 
 

 
 
 
労働基準法で、労働時間は「1日8時間」「1週40時間」までとされています。
 
 
 
 
残業(時間外労働)や法定休日労働を行わせるためには、36協定の締結・届出が必要です。

 
 
 
 

※36協定:時間外労働・休日労働に関する協定
 
 
 
 
2019年4月1日から、働き方改革関連法がスタートしました。
 
 
 

 
今回の改正で、36協定の締結・届出をした場合、残業(時間外労働)できる時間の上限は
 
 
 

(1)原則「月45時間まで、年360時間まで」

 
 
 
→法定休日労働の時間は含まない
 
 
 
 

(2)臨時的な特別の事情があり(1)の時間を超え残業する場合 
 
 
 
労使が合意する36協定(特別条項付き協定)の締結・届出により
 
 
 

 

a残業(時間外労働)出来る時間は「年720時間以内」

 
 
 
 

b「時間外労働+法定休日労働の時間<月100時間」

 
 

 
 

c「時間外労働+法定休日労働」の2~6か月平均すべてが月80時間以内

 
 
 
 

d月45時間を超える時間外労働ができるのは年6回まで

 
 
 
 

となりました。上記b,cに違反した場合

 
 
 

「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」

 
 
 

となる可能性があります。

 
 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン・メール・電話・訪問などで相談)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

労務相談(オンライン相談対応)などの料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。