【働き方改革】建設現場の警備員、残業時間の上限規制はいつから?

 
 
 

働き方改革関連法がスタートし、「法律で」残業(時間外労働)できる時間の上限が決められました。

 
 
 
 

大企業では、2019年4月から残業時間の上限規制が実施されています。

 
 
 
 

一部の事業や業務を除き、小さな会社やお店でも2020年4月1日から残業時間の上限規制が始まります。

 
 
 
 
 

詳細については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

建設事業の残業時間の上限規制は、2024年4月1日から実施されます。

 
 
 
 

主に建設現場で交通誘導の警備をしている労働者は、いつから残業時間の上限規制が始まるでしょうか?

 
 
 
 

この場合、建設業と同様、2024年3月31日まで、法律で残業時間の上限を規制されません。

 
 
 
 

2024年4月1日から、残業時間の上限規制が実施されます。(災害復旧・復興事業を除く)

 
 
 
 

(労働基準法施行規則第69条第1項)

 

 
 
 
 

残業時間の上限規制とは?という方は、こちらのページをご覧ください。

 

 
 
 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。

 

 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

 
 
 
 

パート、アルバイトについてはこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

ハラスメント防止対策についてはこちらのページをご覧ください。