建設業の残業規制、残業+休日労働が月100時間越えでも違法でないときとは?

 
 
 

2019年4月から働き方改革が始まり、大企業は残業(時間外労働)時間の上限規制が始まりました。

 
 
 
 

2020年4月から、小さなお店や会社も残業(時間外労働)の上限時間が法律で規制されています。

 
 
 
 

ただし

 
 
 

■新商品・新技術の研究・開発業務は、上限規制の適用除外

 
 
 

■建設業・自動車運転業・医師など一部の事業や業務は、2024年4月1日から適用

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

2024年4月1日から建設業では

 
 
 

■災害の復旧・復興の事業を除き、上限規制がすべて適用

 
 
 

上限規制については、こちらをご覧ください。

 
 
 
 

■災害の復旧・復興の事業の場合

 
 
 

・「時間外労働+休日労働の時間<月100時間」

 
 
 

・「時間外労働+休日労働」の2~6か月平均すべてが月80時間以内

 
 
 

の上記規制は適用しない

 
 
 

とされています。

 
 
 

 出典:厚生労働省「時間外労働の上限規制わかりやすい解説」

 
 
 
 
 
 

建設現場の警備員、残業時間の上限規制は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

働き方改革については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン相談も対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

料金案内は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)からのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。