子の看護休暇、入社6か月未満の社員も時間単位で取得必要?

 
 
 

令和3年1月1日から、子の看護休暇・介護休暇は

 
 
 

■「1時間単位(中抜け無し)」で取得できる

 
 
 

■「すべての労働者(日々雇用を除く)」が取得できる

 
 
 

と変わります。

 
 
 
 

 
 
 
 

労使協定の締結で、下記①,②,③の時間単位での子の看護休暇・介護休暇の申出を拒むことができます。

 
 
 
 

① 雇用期間が継続して6月に満たない労働者(法16の3②/法16の6②)

 
 
 
 

② 週の所定労働日数が2日以下の労働者

 
 
 

(法16の3②、則36、告示/法16の6②、則42、告示)

 
 
 
 

③1時間単位(中抜け無し)での取得が困難な業務に従事する労働者  

 
 
 

(指針第2の2(3))

 
 
 
 

①,②は、労使協定の締結により1日単位での子の看護休暇・介護休暇の申出も拒むことができます。

 
 
 
 

よって労使協定の締結により、入社6か月未満の社員からの時間単位・1日単位での子の看護休暇・介護休暇の申出は拒むことができます。

 
 
 
 

③は、1日単位での子の看護休暇・介護休暇の申出を拒むことができません。

 
 
 
 

子の看護休暇・介護休暇は「就業規則の絶対的記載事項」のため、就業規則の見直しが必要です。 

 
 
 
 

就業規則の診断・改定・作成は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

出産、育児・介護休業については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

顧問契約(オンライン相談も対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。