新型コロナ対策のため時短勤務、休業手当の支払いは必要?

 
 
 

新型コロナウィルス感染防止のため、時差出勤をする企業が増えました。

 
 
 
 

新型コロナの影響による仕事量の減少などで

 
 
 

「所定労働時間8時間の社員を6時間にする」

 
 
 

など時短勤務をする企業も増えています。

 
 
 

会社が、従業員に時短勤務を指示し

 
 
 
 

「休業手当(平均賃金の60/100)>勤務時間分の賃金」

 
 
 

の場合は、差額を休業手当として支払う必要があります。

 
 
 

(出典:昭.27.8.7基収第3445号)

 
 
 
 

未払いの賃金がないかご確認ください。

 
 
 

 
 

 
 
 

 
 

新型コロナウィルス関連の労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

 
 

働き方改革については、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

お問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。