コロナで助成金申請「休業証明資料」とは?

 
 
 

「新型コロナの影響で休業し、従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が支給されています。

 
 
 
 

北海道では、申請書類の6割に(6/4時点)

 
 
 

「休業を証明する資料の添付漏れ」

 
 
 

などの不備で給付件数が伸び悩んでいると報じられています。

 
 

(出典:6/5(金) 10:19配信読売新聞オンライン)

 
 
 
 

事業所の規模に関係なく申請時に必要な書類に

 
 
 

労働・休日の実績に関する書類

 
 
 

とあります。これは

 
 
 

出勤簿、タイムカードの写しなど(手書きのシフト表も可)

 
 
 

(必要に応じ、就業規則または労働条件通知書の写しなど)

 
 
 

とされています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)緊急対応期間(4月1日~6月30日)5月22日現在版

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 

 
 

新型コロナ・働き方改革の労務相談の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

顧問契約(新型コロナ・働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。