新型コロナで臨時休校助成金、対象休暇期間・申請期限延長に

 
 
 

新型コロナによる臨時休校で、子供の世話をするため休んだ従業員に賃金全額を支給した事業主に

 
 
 

「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」

 
 
 

が支給されています。(年次有給休暇取得者は除く)

 
 
 

令和2年9月30日に、対象となる休暇期間・申請期限の延長が公表されました。

 
 
 

■対象となる有給(賃金全額支給)の休暇期間

 
 
 

令和2年2月27日~同年12月31日に取得した休暇

 
 
 
 

■助成内容

 
 
 
 

対象労働者に支払った賃金相当額×10/10

 
 
 

(対象労働者1人につき、対象労働者の日額換算賃金額×有給休暇の日数で算出した合計額を支給)

 
 
 

■1日当たりの支給上限額

 
 
 

・令和2年2月27日~令和2年3月31日までに取得した休暇

 
 
 

⇒上限日額 8,330円

 
 
 

・令和2年4月1日~令和2年12月31日に取得した休暇

 
 
 

⇒上限日額 15,000円

 
 
 

■申請期限

 
 
 

●令和2年2月27日~同年9月30日の休暇取得分

 
 
 

⇒令和2年3月18日~同年12月28日に申請

 
 
 
 

令和2年10月1日~同年12月31日の休暇取得分

 
 
 

令和2年10月1日~令和3年3月31日に申請へ

 
 
 

と変更されています。

 
 
 
 
 

出典:厚生労働省「小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設しました」

 
 
 
 
 

新型コロナ関連の労務相談・助成金(スポット)の内容、料金はこちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

労務相談(オンライン、メール、電話、訪問など)などの料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 

無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」で法改正情報などについてお伝えしています。

 
 
 
 
 
PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。