新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置、対応義務期限延長へ

 
 
 

令和2年5月7日から、男女雇用機会均等法に基づく母性健康管理上の措置に、新型コロナウイルス感染症に関する措置が新たに規程されました。

 
 
 
 

妊娠中の女性労働者が、主治医や助産師からの保健指導・健康診査で

 
 
 

(1)職場の作業内容などにより新型コロナウイルスへ感染のおそれに関する心理的なストレスが母体または胎児の健康保持に影響があると指導を受けた

 
 
 

(2)女性労働者が、母健連絡カードに記載された主治医などの指導(休業など)を事業主に申し出た

 
 
 

場合、事業主は、指導に基づいて必要な措置を講じなければなりません。

 
 
 
 

主治医などからの指導内容例として

 
 
 

■「感染のおそれが低い作業への転換」

 
 
 

■「出勤の制限(在宅勤務・休業)」

 
 
 

があげられています。

 
 
 
 

この規定の対象期間は

 
 
 

旧:「令和2年5月7日~令和3年1月31日」

 
 
 

現在「「令和2年5月7日~令和4年1月31日

 
 
 

へと延長されています。

 
 
 
 

出典:厚生労働省職場における妊娠中の女性労働者等への配慮について

 
 
 
 
 
 

「子の看護休暇を申請した労働者に診断書の提出を要求できる?」は、無料メールマガジンでお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

出産、育児・介護休業については、こちらもご覧ください。

 
 
 
 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

お得な顧問契約(オンライン相談対応)の内容、料金は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 

 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。