雇用調整助成金(新型コロナ特例)個人で申請できる?

 
 
 

「新型コロナの影響で休業し、従業員に休業手当を支払った」

 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が、支給されています。

 
 
 
 

また

 
 
 
 

「新型コロナで会社の指示で休業させられたが、休業手当を受けれなかった」

 
 
 

という中小企業の労働者は、個人で申請することで

 
 
 

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」

 
 
 

が労働者個人に支給されます。

 
 
 
 

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の支給要件は

 
 
 

■対象者

 
 
 

令和2年4月1日~9月30日に、事業主の指示で休業(休業手当の支払なし)した中小企業の労働者

 
 
 

■支援金額の算定方法

 
 
 

①休業前の1日当たり平均賃金 × 80% ×②休業実績

 
 
 

①1日当たり支給額は、11,000円が上限

 
 
 

②休業実績の計算方法

 
 
 

各月の日数(30日又は31日) ー 就労した又は労働者の事情で休んだ日数

 
 
 

■申請方法:郵送(オンライン申請も準備中)

 
 
 

■必要書類

 
 
 

支給申請書、支給要件確認書、休業開始前賃金及び休業期間中の給与を証明できるもの(給与明細や賃金台帳の写しなど)

 
 

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)、口座確認書類(通帳の写しなど)、

 
 
 

となっています。

 
 
 
 
 

新型コロナ関連の労務管理や助成金などについては、こちらのページをご覧ください。
 
 
 
 
 

料金案内は、こちらのページをご覧ください。
 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。