前年度の繰り越し有給休暇+今年度の有給休暇=10日のパート、5日取得義務は?

 

正社員だけでなく、アルバイト、パートなど働き方に関係なく、要件を満たした人には、有給休暇を与える必要があります。

 

そして所定労働時間が週30時間未満のパート・アルバイトなどで

 

・所定労働日数が週4日以下

 

または

 

・所定労働日数が年間216日以下

 

のどちらかに該当する場合、継続勤務年数に応じて有給休暇が比例付与されます。

 

2019年4月1日からすべての事業所に、年5日の有給休暇取得が義務づけられました。

 

対象は「1年に10日以上有給休暇が与えられるすべての労働者」です。

 

前年度の有給休暇が4日残っており、今年度の基準日に新たに6日有給休暇が付与されたパートタイマーに年間5日の有給休暇を取得させる必要があるでしょうか

 

年間5日の有給休暇取得が必要な労働者は「基準日に10日以上有給休暇が付与される労働者」とされています。

 

(平30.12.28基発1228第15号)

 

よって

 

・有給休暇が比例付与される労働者

 

・基準日に付与される有給休暇が10日未満の労働者

 

は前年度繰り越し分の有給休暇と合わせて10日以上になっても、年間5日の有給休暇を取得させる義務はありません。

 

「パート・アルバイトなど有期契約労働者の労務管理の方法がわからない」

 

という方は、こちらのページをご覧ください。

 

 

 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。