休日出勤の割増賃金、支払いが必要な時と不要な時とは?

 
 
 

労働基準法で、1週間に1日または4週間に4日以上の法定休日が必要とされています。

 
 
 
 

法定休日に仕事をさせた場合、3割5分以上の割増賃金賃金の支払いが必要です。

 
 
 
 

ただし 

 
 
 

■就業規則などで、法定休日と定められた日に出勤させた 

 
 
 

■休日出勤前に、あらかじめ振り替える休日の日付を特定し休日を振り替えた 

 
 
 

の両方に該当する場合は、割増賃金の支払いは必要ありません。(振替休日)

 
 
 
 

一方、法定休日に出勤させた後に

 
 
 

■特定の勤務日に休みを与えた

 
 
 

■従業員の希望する日に任意に休みを与えた

 
 
 

という場合は、休日出勤に対する割増賃金の支払いが必要です。(代休)

 
 
 
 
 

 
 
 

 
 

残業や休日出勤などのご相談は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 

料金一覧は、こちらのページをご覧ください。

 
 

 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。