個人で申請できる新型コロナ休業支援金・給付金、休業期間・申請期間いつまで延長?

 
 
 
 

「新型コロナの影響で休業し、従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が、支給されています。

 
 
 
 

また「新型コロナで会社の指示で休業させられたが、休業手当を受けれなかった」という中小企業の労働者は、個人で申請することで

 
 
 

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

 
 
 

が労働者個人に支給されます。

 
 
 
 
 

新型コロナ休業支援金・給付金の支給要件は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 

 
 

■休業支援金・給付金の申請期間

 
 
 

 休業した期間  締切日(郵送の場合は必着)
 令和2年4月~9月  令和2年12月31日(木)
 令和2年10月~12月  令和3年3月31日(水)
 令和3年1月~2月  令和3年5月31日(月)

 
 
 
 
 

※申請開始日は、休業した期間の翌月初日
(例:1月の休業の場合、2月1日から申請可能)

 
 
 
 
 

法改正情報などは、無料メールマガジンでお伝えしています。

 
 
 
 
 
 

新型コロナ関連の労務管理や助成金などについては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 
料金案内は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 
 
PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 
携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。