新型コロナで休業、休業手当が平均賃金の60%未満でも助成金はもらえる?

 
 
 

「新型コロナの影響で休業し、従業員に休業手当を支払った」

 
 
 

など、雇用の維持をした事業主に雇用調整助成金が、支給されています。

 
 
 
 

新型コロナの影響で休業し、雇用調整助成金をもらうためには、平均賃金の60%以上の休業手当を支払う必要があります。

 
 
 
 

■事業主が支払う休業手当の額が、平均賃金の60%を下回っていた

 
 
 

■労働基準法第26条(休業手当)の適用を受けない場合だったため、休業手当を平均賃金の60/100未満しか支払わなかった

 
 
 

という場合は、雇用調整助成金は支給されません。

 
 
 

出典:厚生労働省雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)FAQ(令和2年8月1日現在版)

 
 
 
 

 
 
 

新型コロナ関連の労務管理や助成金などについては、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

料金案内は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 

 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 

 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。