【働き方改革】年5日有給消化が必要なアルバイトは?

 
 
 
 

正社員だけでなく、学生アルバイト、パートタイマーなど働き方に関係なく要件を満たした人には、有給休暇を与える必要があります。

 
 
 
 

そして

 
 
 

(1) 所定労働時間が週30時間以上または週の所定労働日が5日以上の人

 
 
 

→正社員などと同じ日数(10日以上)の有給休暇を与える必要あり

 
 
 

(2a)所定労働時間が週30時間未満の従業員

 
 
 

(2b)週の所定労働日数が4日以下または年間の所定労働日数が216日以下の従業員

 
 
 

→(2a)(2b)の両方に該当する人は、所定労働日数に応じて有給休暇を比例付与する必要あり

 
 
 

となります。

 
 
 
 

ところで2019年4月1日から働き方改革がスタートし

 
 
 

「有給休暇の年5日取得」

 
 
 

が、すべての事業主に義務づけられました。

 
 
 

対象者は、法定の有給休暇が10日以上与えられるすべての労働者です。

 
 
 

(2a)(2b)の両方に該当する人のうち

 
 
 

・週の所定労働4日または1年間の所定労働日数が169~216日の人

 
 
 

→継続勤務年数3年6か月から有給休暇が10日以上付与される人

 
 
 

・週の所定労働3日または1年間の所定労働日数が121~168日の人

 
 
 

→継続勤務年数5年6か月から有給休暇が10日以上付与される

 
 
 

など有給休暇が年10日以上与えられるバイト・パートも、10日以上付与された日から1年以内に5日取得させる必要があります。

 
 
 

「パート、アルバイトは、有給休暇など労務管理が大変」

 
 
 

という方は、こちらをご覧ください。

 
 
 
 

★働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。