入院・手術は、月初めがいい理由とは?

 
 
 

■ 病気やケガ (労災を除く)

 
 
 

■ 切迫早産・帝王切開

 
 
 

などで入院・手術が決まった時、すぐにしたいのが

 
 
 

「限度額適用認定証」の申請手続きです。

 
 
 
 

入院手続きをする時、「限度額適用認定証」と健康保険証を病院の窓口に提示すれば、1ヵ月の支払いが一定額で済みます。

 
 
 

※一定額:自己負担限度額

 
 
 

(「限度額適用認定証とは?」という方は、こちらをご覧ください)

 

「1ヵ月の支払い」とは

 
 
 

「暦日1ヵ月 (1日~月末まで)の1か月ごと」

 
 
 

に支払った金額で計算されます。

 
 
 
 

例えば

 
 
 

■6月25日入院~7月10日退院の場合

 
 
 

→6月分と7月分のそれぞれ1ヵ月ごとで計算される

 
 
 

■7月1日入院~7月15日退院の場合

 
 
 

→7月分の1ヵ月で計算される

 
 
 
 

ので、月末入院翌月退院のいわゆる「月またぎ」は、退院時の支払いが高くなるおそれがあります。

 
 
 
 

限度額適用認定証の申請が間に合わず、退院後に高額療養費を申請する場合も

 
 
 

暦日1ヵ月 (1日~月末まで)の1か月ごとで計算されます。

 
 
 
 

緊急でなければ、入院・手術はなるべく月初めに、したいですね。

 
 
 
 
 

「高額療養費とは?」という方は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

労務相談・社会保険手続きの内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 
 

PC・スマホからのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

携帯電話用(ガラケー)でのお問い合わせ・お申込みは、こちらからお願い申し上げます。