【働き方改革】パート・アルバイトの定期昇給、勤続年数のカウント開始時期は?

 
 
 

2020年4月1日(中小企業は2021年4月1日)から

 
 
 
 

「パートタイム労働法」が

 
 
 

「パートタイム・有期雇用労働法」

 
 
 

に変わります。

 
 
 
 

社内で正社員とパート、アルバイトなどの非正社員の不合理な待遇差が禁止されます。

 
 
 

(同一労働同一賃金)

 
 
 

正社員の基本給が、勤続年数に応じて上がる場合
(定期昇給制度など)

 
 
 

→正社員と同じ勤続年数の短時間・有期雇用労働者も勤続年数に応じた部分には、正社員と同じ基本給を支給しなければなりません。

 
 
 

有期契約労働者にも定期昇給制度を導入する時、勤続年数のカウント方法は

 
 
 

「その時点の労働契約の期間だけで勤続年数を評価し基本給を支給」

 
 
 

するのは、問題となります。

 
 
 
 

契約の更新を繰り返している有期契約労働者でも

 
 
 

初めて雇われた時から労働契約の期間を通算

 
 
 
 

して勤続年数を評価し、基本給を支給する必要があります。

 
 
 

出典:厚生労働省同一労働同一賃金ガイドライン(2018.12.18厚生労働省告示第430号)

 
 
 
 

有期契約労働者の賃金制度に問題がないか、早めにご確認ください。

 
 
 
 

パート、アルバイトについてはこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

働き方改革など労務相談(スポット)の内容、料金はこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★顧問契約(働き方改革に関する労務相談含む)の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

★就業規則の作成・改定の内容、料金は、こちらのページをご覧ください。